京都デザインベース・ユーイkyoto design base uui

京都デザインベース・ユーイ

  • Design Studio
  • Branding
  • Web Design & Dev.
  • Illustration
  • Movie Edit
  • Drone Shooting
  • DTP Design

Web屋であって
Web屋でない

総合的な
デザイン事務所

UUI [ユーイ]

有本匡志

ご挨拶

はじめまして、
[京都デザインベース・ユーイ]
と申します。
この度は当ウェブサイトに
ご訪問いただき感謝申し上げます。

why?なぜデザインが必要なのか...

デザインとは広い意味で捉えることのできるとても便利な言葉ですが、
一言で言うと、つまりは「設計する」ということ...。
語源はラテン語の「designare(計画を記号に表す)」から来ています。

問題や大きな壁に対面した時、それをどう解決するか、
それをデザイン(設計)の力で打破するためのツール(処方箋)として扱います。

デザインの存在意義がこの部分にあります。

しかしながらその扱い方を間違っていたまま進めると、
返って問題が大きくなったり、批判が拡大したりすることもあります。

まずは自分を知ること、会社を知ることから情報を整理し、
クライアント様とミーティングをしていく中で解決方法の本質となる「コンセプト」を見出し、レールから脱線しないよう、ゴールを見据えて設計を進めていくという流れになります。

話は変わりますが、デザインとアートは全く異なるものです。
デザインには発想・センスが必要だというふうに勘違いをされている方もいらっしゃいますが(あながち間違いではないですが)、ただ単純に場数と経験値です。
使う脳も異なるほど、全くの別世界です。

デザインは情報と結果をもとに仮定と定義を繰り返し、
ロジカルに問題解決に向けて、また設定したゴールに向けて構築しますので、
ただ単に「目立つもの」「派手なもの」といった、インパクトのみを考えたものではないということは承知していただければ幸いです。

もちろんその解決方法が正しいときもありますし、クライアント様が解決方法を見出しており、手法だけわからないということもありますので、
その際にはお気軽にご相談ください。

全力でお手伝いをさせていただきます。

有本匡志

promiss約束すること

  • 1クライアント様の問題を「自分のことのように」感じ共有する
  • 2徹底した調査から複合的に、そして多角度から「解決方法」を見出す
  • 3コンセプチュアルに制作し、「結果・成果」を上げる

ヒアリング、問題提議、調査、制作、開発・実装、これらの工程を踏まえ成果を上げられる成果物をクライアント様と一緒になって作り上げます。
そしてリリース後のアフターケアも同じ様に重要です。成果物とはまさに我が子
日々の数字の変動から目を離さず、責任を持って品質管理をし、長期間の活用ができるようシステムチェックを怠りません。


image
image
image
image
image
image

consultingコンサルについて考える

ヒアリング ヒアリングHearing

稼働している企業様は大小問わずそれぞれ悩みを持たれております。
コンサルティングの前にまずは現在の悩みと状況をお伝えいただきます。リサーチはコンサルティングのはじめの第一歩、以下のことをヒアリング致します。

  • 悩みについて
  • 目的(ゴール)
  • 競合会社
  • 既存の顧客
  • マーケットとターゲット層

設計 解決方法を考える(設計)Solution

目的やゴールは1つではなく複数ある場合がほとんどです。
そのお悩みを解決するための道順を、インターネットを使用したウェブ媒体、DTP(紙媒体)、音声や映像、それらを効果的に利用し、複合的に設計・構築していきます。
また、ウェブだけでなく広告という大きな枠組みで戦略を立てトータル的にコーディネート致します。

  • コンテンツの内容
  • 画面設計・機能設計
  • デザインコンセプトテーマ
  • プロモーション撮影(写真・動画)
  • キャラクターデザイン
  • DTP(パンフレット・チラシ)
  • CMS(WordPress)
  • SEO対策

広告 広告Advertisement

費用をどれだけ費やしていいものを作ったとしても、納得いくカタチでリリースしたとしても、その存在を知られなければ全く意味がありません。
この問題を解決するためには、皆さんもよくご存知の「SEO対策」は切っても切り離せない大きなコトガラです。検索エンジンに最適化させる内部的な構築方法、そしてソーシャルネットワーキングサービス(SNS)、メール配信、ときにはDMカード、ポスター、新聞広告、折込チラシ、YouTube動画配信、ラジオなどを通じて既存の顧客様・未来の顧客層にPRすることが最大の重要課題だと考えます。
どのような形が最適なのか、その答えは今このページをご覧頂いている御社様と親密にミーティングを繰り返し導きだす必要があります。
また1つの答えを算出したとしても、数字と面を合わせ次のステップへと、何度も登り出さなければなりません。
挑戦とチャレンジは続きます...。

運用 運用Operation

Google Analytics + Google Consoleを使いログ解析。
ログ解析とは閲覧者がどのような動きをしているか、どうやって御社ウェブサイトにたどり着いたかなど、数字をもとに細かく判断することのできるツールです。
そのツールを使用し成約率が何%変化したのかなどをレポートにまとめて提供致します。
その結果、内容に変更が必要な場合は、CMS(コンテンツマネジメントシステム)を使用し簡単に修正いただける仕組みで手直ししていただけます。

  • ページ閲覧数
  • 直帰率
  • ユーザーの行動
  • お問い合せの件数
  • 訪問元
  • 競合他社の分析
  • 効果的なキーワードとは
  • トレンドのキーワードとは